毎朝4時退社で鬱病に!27歳男性の深刻事情

残業代も休憩もなく、時給換算すると658円

昼ごろ出勤し、休憩なしの仕事が終了するのは明け方4時過ぎ、という毎日のなかで…(写真: Graphs / PIXTA)
生活困窮者支援を行うソーシャルワーカーである筆者は、仕事がら、普段から多くの生活課題を持つ人々の話を聞かせていただく立場にある。話を聞いていると、すでに多くの若者が現在の生活にすら困窮している状況が見えてきた。一日一日を生きることに精一杯で、将来のビジョンや長期的な展望を見出すことが非常に困難な様子も明らかになった。
これから紹介するのは、特殊な事例では決してない。わたしが向き合ってきた、生活上の課題や生きにくさを抱える人たちの実例である。「切実な声を代弁してほしい」「より多くの人へ自分たちの困窮状態を伝えてほしい」、と訴えてくれた友人、パートナーだ。彼らの声を、聴いて欲しい。

仕込みが始まる昼ごろに出勤して…

ブラック企業でうつ病を患った富田さん(27歳男性)

富田さん(仮名)は、ふたり兄弟。兄は高校卒業後、名古屋近くで働き始めたが、数年会っていないため、今は何をしているかわからないそうだ。富田さんは、高校卒業後に実家の山梨県から上京し、都内の居酒屋で勤務を始めた。食べたり、料理をすることが幼少期から大好きで、将来は調理にかかわる仕事に就こうと決めていたそうだ。両親はすでに退職していて、農業と年金で細々と暮らしている。

富田さんは、上京後、社宅に入りながら、先輩や上司のもとで、居酒屋メニューを調理して提供する厨房で働き始める。この会社は都内に数店舗を持っていて、富田さんは約3年ごとに和食居酒屋、イタリア料理居酒屋、多国籍料理店などと職場を変えながら働いてきたそうだ。

「僕はどの店に配属されても、それなりに一生懸命働いてきました。仕込みが始まる昼ごろから出勤して、翌日の朝方4時くらいまで働くんです。最初は大変でしたが、慣れてくればどうにかなるものだし、上司に認められたくて頑張ってしまいました」

客の多くは夕方からその居酒屋を訪れ始めるため、メインは夜間の営業であり、富田さんら従業員は朝方まで忙しく働き続ける。夜勤明けであるにもかかわらず、翌日の夜までの連続勤務もある。毎年年末などの繁忙期だと、1週間休日なしの勤務を命じられるときもあった。

次ページ「代わりの奴はいくらでもいる」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。