女性下着「トリンプ」に飛び込んだ男性社員

常識を覆すブラジャー、200万枚のヒットに

 
 
上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

キーワードを基にビジネスのヒントを聞く日テレNEWS24・デイリープラネット「飛躍のアルゴリズム」。今回は、大手下着メーカー「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」ブランドマーケティング部・横尾祐介マネージャー。累計200万枚のヒットとなったアンダーウエアには「常識を覆す“3つのゼロ”」があった。

1980年生まれの36歳。大手電機メーカーに新卒で入社後、「もっと自分で企画したい」という思いから、2004年にトリンプ・インターナショナル・ジャパンへ。

入社当時は百貨店担当の営業として勤務していたが、2013年からブランドマーケティング部に配属。現在は国内で累計200万枚の売り上げを誇る「スロギー ゼロフィール」などを展開するアンダーウエア「スロギー」ブランドのマーケティングなどを手がけている。

常識を覆す“3つのゼロ”

――1つ目のキーワードは「累計200万枚のヒット商品。ラクさは常識を覆す“ゼロ”にあった」。「スロギー ゼロフィール」は、普通のブラジャーと違い、軽くてよく伸びて、ホックもありません。“ゼロ”というのをキーワードにしているということですが?

見ていただいた通り、普通のブラジャーという感じではないですよね。ワイヤもないし、ホックもない。ストラップもなければ、タグもない。普通のブラジャーと全然作りが違うものなんですけれども、「スロギー」には、特徴として3つの“ゼロ”があると思っています。

まず1つ目は、これは最大の特徴なんですけれども「縫い目ゼロ」ということです。裏にも縫い目はありません。この柔らかな生地を全部接着だけで作り上げています。

(本来は)縫い目のところも、全部のりでとめてるんですけれども、(のりは)全部ドット状、点状でとめているんです。べたっとのばして(のり付けをすると)、のりが固まって(生地が)伸びにくくなるし、ドット状につけると、とめているところも伸びがいいんです。

縫ってる部分は糸があると伸びないですから、そこだけ締め付けを感じてしまうこともあるんですけど、縫い目がないことで、(体が)動いても全然締め付けがないというようなところも、この「縫い目ゼロ」で達成できていると。

「縫い目ゼロ」があることで、次に出てくる2つ目の“ゼロ”が「肌あたり感ゼロ」です。当然、縫い目の部分では糸があったり、折り返しがあったりして、肌にあたる感じがあると思うんですが、縫い目がないので、それも当然ないと。

次ページ一番重要な「締め付け感ゼロ」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。