「家庭に浸り過ぎない」男性はやはり魅力的だ

結婚しようがしまいが、どちらも楽しい

結婚できたのは嬉しい、でも独身も結構楽しかったわけで・・・(イラスト:堀江篤史)

「大宮さん、あそこで笑っている男性は元々こじらせ男子だったらしいですよ。35歳ぐらいまで結婚する自信がなくて、奥さんに押してもらってようやく結婚したそうです。晩婚さん企画にぴったりじゃないですか?」

ここは愛知県蒲郡市にある「喫茶スロース」。筆者と読者との交流会である「スナック大宮」の愛知会場で、アルコール類も提供してもらっている。

先日は男女合わせて16人のお客さんを迎えた。そのほとんどは本連載の読者。自薦他薦でインタビュー取材先を紹介してくれるのだ。感じの良い人たちとおつまみを持ち寄り、飲み食いとおしゃべりを楽しみつつ、取材先確保という仕事の重要部分もこなせる。我ながらありがたいイベントである。

結婚に意義を見いだせなかった2つの理由

この連載の過去記事はこちら

今回取材させてくれるのは、愛知県内で自営業を営む白川康孝さん(仮名、41歳)。柔道で鍛えているという頑丈な体格の持ち主で「こじらせ男子」には見えない。県内の居酒屋で飲み交わしながら、彼の晩婚ストーリーを聞き取ることにした。

「地元の友だちはワーキングホリデーに行くなど自由に遊ぶのが好きな人たちが多くて、20代のうちに結婚するのは少数派でした。愛知県は成人しても親と同居しているのが基本ですよね。給料を少しは家に入れるとしても小遣いには事欠きません。僕も友達と遊ぶのが楽しくて、結婚には意義を見いだすことができませんでした」

高校時代から8年間も付き合ってきた恋人もいたが、結婚には気持ちが向かなかった理由が他にもある。激務と薄給だ。

次ページ俺は自由だ!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。