「トランプ大統領」で円ドル相場はどう進むか

新大統領の顔色をうかがう未曾有のゲームに

トランプ勝利は為替にとってはどこを切ってもドル安円高。写真は11月9日勝利宣言するトランプ氏(写真:Sipa USA/amanaimages)

米大統領選挙は、下馬評を覆し、ドナルド・トランプ氏の勝利で終わった。金融市場にとっては5か月前に経験した英国のEU離脱(Brexit)に続く激震である。

まだわからないことが多いため、穏当な円高にとどまった?(撮影:尾形文繁)

クリントン大統領誕生に備えてリスク許容度の改善を進めていた金融市場は再びリスク回避姿勢を強め、為替市場では一時円買い・ドル売りが加速したが、Brexit時に比べれば値動きは穏当なものに留まっている。

理由は定かではないが、市場参加者は当時を教訓としてポジションの傾きを抑えてイベントに臨んだのかもしれない。もしくは、勝利演説において過激な発言が控えられていたため、安心感が広がったという見方もある。 

トランプ・ショックの影響はまだこれから

だが、後述するようにトランプ・ショックの影響はこれから顕現化してくるはずだ。現在、金融市場がさほど動いていないのは「分からないことが余りにも多過ぎるから」という面もあるのだろう。

話を為替相場予想に移せば、筆者は元より大統領が替わっても、2017年は過去2年半のドル高相場の本格的な調整、すなわちドル安が訪れると予想してきた(『今は踊り場、為替は90円台の円高に向かう』参照)。FRB(連邦準備制度理事会)が正常化プロセスを進めるには環境が厳しいことは2017年も変わらないため、米金利先高観への期待が剥落していくからだ。

この緊急特集の一覧はこちら

トランプ大統領誕生はこうしたシナリオを補強する材料に過ぎないと整理している。そもそも民主・共和両党の候補がこぞって左傾化し、保護主義色を強めた今回の大統領選挙の勝者がドル高を容認するということは考えにくい。たとえクリントン氏が勝利しても2017年は円高ドル安の公算が大きかったと思われる。

次ページアノマリーはあてはまらない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。