「電王戦」に見た、人だからこその創造性

機械に取ってかわられるか「やはり人が大事」か?

チェスと比べても膨大な、将棋の選択肢

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

先頃、将棋ソフトウエア対プロ棋士の団体戦、「電王戦」が話題になった。チェスの王者がコンピュータに敗れたという話は以前からあったが、将棋では難しいと言われてきたはずだ。

というのも、将棋は、相手の駒を自分の駒として利用できる分、チェスに比べて選択肢は膨大になる。いかにコンピュータの性能が良くなっても、対局相手の手を読み切ることは、そう簡単ではないという。

ところが意外なことに、今回の成績は将棋ソフトウエアの3勝1敗1分。コンピュータが勝利してしまった。

いよいよコンピュータの時代が来たという感じもするし、いやいや、これはまだ偶然のうちという指摘もある。僕自身は、将棋は子供の頃に遊んだ程度だし、今回のソフトウエアのアルゴリズムもよく知らない。プロ棋士には頑張ってほしいという気持ちだけが、何となくある。

次ページビジネスにおいても定番のテーマ「人VS機械」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。