大坂の陣、豊臣方「真の敗因」は何だったのか

「埋められた堀」より致命的だった弱点は?

大坂の陣は「決戦前」に勝負が決まっていた? 写真右下の鳥居手前の赤い旗が、奮戦した「真田幸村」の軍勢(写真:重要文化財「大坂夏の陣図屏風」/大阪城天守閣蔵)
「徳川vs豊臣」が激突した最後の戦いであり、戦国の世に終止符を打った「大坂の陣」。その戦いで豊臣秀頼は徳川家康に敗北するが、「その敗因」はいったい何だったのか。
一般的には、1614年の「冬の陣」における講和で、「大坂城の守りの要である“総堀”を埋められたこと」が最大の要因とされている。
このため、「冬の陣で機能した籠城」が不可能となり、翌年の「夏の陣」では徳川家康の大軍を相手に「無謀な野戦」に挑むほかなく、真田幸村はじめ多くの将兵とともに豊臣家は滅亡した。
しかし、大坂の陣での豊臣秀頼の敗因には、「堀」の問題とは別に、さらに大きな「本当の敗因」が存在する。
「日本史を学び直すための最良の書」として、作家の佐藤優氏の座右の書である「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、現在、累計15万部のベストセラーになっている。
本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、「大坂の陣」をテーマに、豊臣秀頼の「本当の敗因」を解説する。

豊臣滅亡は「城の堀」を埋められたせい?

『いっきに学び直す日本史』は「教養編」「実用編」合わせて15万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

NHK大河ドラマ『真田丸』も、主人公の真田幸村が大坂城へと参陣し、いよいよ徳川との激突を迎えます。

1614年、すでに江戸に幕府を開いていた徳川家康は、20万の大軍を全国から動員し、豊臣秀頼の立てこもる大坂城を包囲しました。

しかし、大坂城は10万もの牢人とそれを率いる真田幸村らの活躍により、まったく敵の攻撃を寄せ付けず、家康は城の攻略を断念。戦いはいったん引き分けに終わります。

このときの講和で、大坂城は大事な「総堀」(すべての周囲の堀)を埋められ、翌1615年に家康に再び攻撃されると、真田幸村らの奮戦もおよばず、ついに城は陥落。豊臣家は滅びました。

このように、大坂の陣では、「城の堀を埋められたこと」が、豊臣秀頼が負けた「最大の理由」とされています。しかし、本当にそれだけだったのでしょうか。

今回は、大坂の陣における「本当の敗因」について解説します。

次ページまずは「大坂の陣」のおさらい
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。