1ドル95円以上の円高は、ドル買いの好機

みずほコーポレート銀行の唐鎌大輔氏に聞く

雇用統計で為替はどう動くか(撮影:梅谷 秀司)

週明けの為替見通しは、7日夜の米国の雇用統計次第だ。雇用統計が弱ければ、ドル高円安方向に戻り、雇用統計が市場予想よりも強ければ、QE3縮小が早いとの予想が強まり、ドル安円高方向になるだろう。だが、対ドルで円高がどんどん進むとは思わない。

ドルが対円で下がったら、買いたい人がたくさんいるだろう。日本はすでに貿易赤字の国であり、円高が進めば、安値でドルを買いたいという輸入企業は多そうである。これは逆張り傾向の強い日本の個人投資家も同じで、ドルが下がったら、ドルを買って円を買いたい人が多いだろう。生命保険会社も4月に決めた運用計画などを見る限り1ドル=95100円は想定レンジの中で買い時と考える向きが多いのではないか。

このように基本的には、ドルに対して「下がったら買いたい」と考えるプレーヤーは多そうに見受けられるので、1ドル=95円以上にドルが下げていく方向にはないと見ている。

いま、円が買われている理由は、円が過去半年売られすぎたからだ。IMMの通貨先物のポジションを見ると、5月下旬には投機筋の円売りが2007年の夏以来の高水準になっていた。投機筋である以上、売ったものは買い戻さなければならないので、その過程で円高になっている。しばらくは株安と円高はセットで進まざるを得ないだろう。

次ページ株価と為替はいつまでも連動しない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。