「クリントン大勝」で米政府は大きく変わる!

上院で過半数を支配する意義は大きい

民主党が大勝した場合、米政府はどう変わるのか(写真:Darren Abate/PIXTA)

11月8日の米大統領選挙まで、あと3週間弱となったが、現時点ではヒラリー・クリントンがドナルド・トランプに勝利する可能性はかなり高いように見える。10月18日時点のニューヨーク・タイムズ紙の当選確率予想では、トランプが8%なのに対して、クリントンは92%となっているほか、主要な世論調査の平均でも46%対40%でクリントンがリードしている。

また、モンマウス大学の世論調査では、クリントンが12%リードし、50%と38%となっている。ウォール・ストリート・ジャーナル紙とNBCニュースの共同世論調査でも、クリントンが11%リード(48%対37%)しているほか、CBSニュースの世論調査でも51%対40%と、クリントン優勢となっている。

クリントンがリードしている理由は4つある。①クリントンが3回(9月26日、10月9日、10月19日)のテレビ討論会において決定的な勝利を収めたこと、②10月7日に、トランプの「わいせつ発言」ビデオが公開されたこと。この中で、同氏は女性に対して極度にわいせつで屈辱的な発言を行っており、これにより多くの共和党指導者たちが同氏への支持を撤回したこと、③このビデオ以降、自らも過去に屈辱や性的暴行を受けたとする女性が次々と現れ、トランプを非難したこと、④こうした一連のスキャンダルに対するトランプの反応が、同氏が気質的に大統領に向かないことを明らかにしたこと――だ。

共和党で「内戦」勃発

しかし、こうした理由によってトランプの中核的な支持者が離れるようなことは起きていない。それどころか、一連のスキャンダルは、トランプを批判して信用を損ねるための「エリート・メディア」による完全な陰謀である、というトランプの意見を多くの支持者たちが信じている。こうした人々はまた、トランプに不適切な発言はあったかもしれないが、大統領時代のビル・クリントンの言動のほうがよっぽど女性に対して侮辱的でひどかったとするトランプの発言にも同調している。また、トランプは「今回の選挙は民主党による不正操作が行われている」と主張し、それを信じている人たちさえいる。

一方、共和党主流派は、最近のスキャンダルに対して著しく敏感になっている。たとえば「わいせつ発言」ビデオが公開された後、共和党知事・上院議員・下院議員40人以上が、トランプ支持撤回を表明。これを受けてトランプは、「自分が当選した暁には、支持撤回した党員たちに報復する」と脅している。共和党内の争いは日増しに激しくなっており、共和党の「内戦」と評されるようになってきている。

ミッチ・マコーネル上院院内総務や、ポール・ライアン下院議長などの共和党首脳陣は、こうした状況が続けば、上院と下院の両方における共和党支配も危うくなる可能性があるとして、ますます懸念を強めている。上院では現在、民主党46議席に対して共和党が54議席と過半数を占めている。

次ページ民主党が上院で過半数を占めると何が変わるのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。