まさかのトランプ大統領誕生を想定してみる

「マーフィーの法則」は知っていますよね?

「またトランプは横に女性を…」と見てしまうだろうか。ヒスパニックの女性経営者とメキシカンカフェで語らうトランプ氏。「マーフィーの法則」があてはまる可能性がある(写真:AP/アフロ)

今回は「縁起でもない話」をしてみよう。

この連載の記事はこちら

筆者が出演しているテレビ東京の報道番組『モーニングサテライト』では、毎週月曜朝に「モーサテサーベイ」のコーナーがある。

番組のレギュラーコメンテーター約30人が毎週末にアンケート調査に応え、「今週末の株価」や「ドル円レート」、「米利上げの時期は?」などの予測を提供している。朝早いから見逃した、なんて人は番組サイトでも紹介しているので、是非ご活用願いたい。

米大統領選の予想で私が「イヤ~な気分」になったワケ

その10月3日分でこんな設問があった。

Q9:アメリカ大統領は?(総数30人)
クリントン候補 100%
トランプ候補  0%

このときは筆者も自信をもって「クリントン候補」と記入したのだが、この結果を見て急にイヤ~な気分がしてきた。なんとなればこのモーサテサーベイ、去る6月20日に行われた際には、こんな結果が出ているのだ。

Q7:イギリス国民投票でEU離脱が?
決まる(離脱)   0%
決まらない(残留) 100%

見事に全員の意見が一致している。このときも筆者は自信をもって「残留」に投票したのだが、結果は皆さんご承知の通りである。いやはや、最近の世論調査は当たらないのだよ――などと、他人のせいにしてはならない。われわれは皆、「起きてほしくないことは考えない」という悪い癖がある。ゆえに「みんなの意見はみんなで間違う」ことがあり、しばしば「想定外の事態」に慌てふためくのである。

次ページマーフィーの法則を知っていますか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
これから伸びる中学・高校<br>大学入試改革で激変!

2020年にセンター試験廃止。新テストでは知識の暗記は通用せず、思考力が試される。子どもを行かせるなら、私立進学校か、名門公立か。これからの学力を育てる学校を一挙紹介。