人気No1は国有企業。保守化する中国の就活

「体制内の労働市場」と「体制外の労働市場」

中国で力を増す国営企業。中国銀行が、就職ランキングのトップに立つ(写真:Imaginechina/アフロ)

中国人帰国子女は、意外にも活躍していない

前回は、中国の経済成長モデルの転換を促すポテンシャルを秘めた90後(1990年代生まれの中国人)の生態を紹介しました。今回は、やはり経済成長モデルの転換に影響を与えうる中国人帰国子女を紹介します。

私自身、中国と日本で約半分ずつ暮らし、中国にきちんと戻ったのは2012年1月ですから、半分、帰国子女のようなものです。上海で帰国子女のコミュニティの中にいると、「American born Chinese(アメリカ生まれの中国人)」などがたくさんいます。しかし、彼らが活躍しているのかと思いきや、意外と「中国の労働市場」で活躍していません。むしろ隔離されている雰囲気があって、私はビックリしました。

ここで言う「中国の労働市場」とは、「体制内の労働市場」のことです。中国には「体制内の労働市場」と「体制外の労働市場」があり、この2つの労働市場の間には見えない壁があります。この「体制内の労働市場」に帰国子女がまったく活用されていないのです。

「体制内の労働市場」とは政府関連企業や国有企業のこと、「体制」とは公務員、国有企業の職員、共産党員や軍関係者ら中国の特権階級の総称です。一方で「体制外の労働市場」とは民営企業、外資系企業やスタートアップなどを指します。

最近、中国ではトップ大学の学生が希望する就職先の選択肢が、「体制内」の「超安定的な公務員」か「もう少しアップサイド(給料が上がる余地)のある国有企業」になりつつあり、「体制外」の人気は下がり続けています。

次ページクビにならない。5時に帰れる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。