香港人はなぜ中国人を”バッタ”と呼ぶのか?

返還15年で深刻化する「中港矛盾」

この連載コラムでは、中国のみならず、台湾、香港、東南アジアを含む「グレーターチャイナ」(大中華圏)をテーマとする。私は20代から40代前半の現在まで、留学生や特派員として、香港、中国、シンガポール、台湾に長期滞在するチャンスに恵まれた。そうした経験の中で培った土地勘を生かし、「大中華圏」での見聞を硬軟取り混ぜて皆さんにお伝えしていきたい。
自分は中国人なのか? 香港人なのか? 香港人のアイデンティティは複雑だ(写真:ロイター/アフロ)

かわいいバッタではなく、イナゴ

グルメ天国の香港で何がいちばんおいしいか?

私にとっては断トツにお粥である。

お粥といっても実はいろいろな種類がある。香港のお粥は「広東粥」と言われるタイプで、貝柱などの乾物でたっぷりダシを取って、おコメが原型をとどめず溶けるぐらいに煮込む。そこに魚の切り身を入れる「魚片粥」、ピータンと豚肉を入れる「皮蛋痩肉粥」、肉団子をいくつも入れる「肉丸粥」などなど、思い出すだけで香港に飛んで行きたくなる。

そのお粥を何度も食べた香港のお粥店「利苑粥麺専家」が1月末に閉店されたとニュースで知り、「ああ、せめてもう一度行きたかった……」とショックを受けた。利苑は香港島の繁華街のコーズウェイベイにあり、香港観光で店の前を通った人も少なくないはずだ。40年以上の歴史があり、お粥のダシの取り方が絶品で店はいつも混んでいた。

それでも店を畳むことにした理由は、不動産価格の上昇による家賃の高騰だという。競争原理が根付いており、ビジネスの盛衰にはドライな香港だが、今回のメディアの論調は「チャイナマネーの流入→家賃上昇→中国が悪い」というネガティブな反応が目立ち、中国と香港との対立や不一致を意味する「中港矛盾」という言葉が飛び交った。

中港矛盾は「陸港(大陸と香港)矛盾」とも言う。もともとあった言葉だが、2012年ごろから香港で一種の流行語状態となっている。

ほぼ同時に流行語となったのが、中国人に対する「蝗蟲(バッタ)」という呼び方である。草むらにいるようなかわいいバッタではなく、昔から中国で食物を食い荒らすことで恐れられた「飛蝗(イナゴ)」に近いニュアンスがある。「蝗蟲天下」という歌が流行し、人々は、無数のバッタに覆われてしまうように、香港がいずれ中国にのみ込まれてしまう未来予測を「蝗蟲論」と呼んで語り合っているのである。

次ページ「中国人ママ」の急増
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。