スバルのHV、燃費以上に求めたもの

水平対向エンジンと4WDの独自性がキモ

エンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車(HV)。トヨタ自動車をはじめとする日本勢が世界に先駆けて市場を開拓してきたエコカーが、隆盛の時代に入っている。

HVは国内登録車の3割に

2012年度の国内新車市場は、トヨタのHV専用車「アクア」「プリウス」がブランド別販売でワンツーフィニッシュを決めた。専用車に限らず、エンジン車をベースとするHV仕様の販売も好調。軽自動車を除く登録車でみると、実に3割をHVが占めた。この市場に“最後発”で乗り込むのが、富士重工業(車名ブランド・スバル)だ。

スバルは4月18日、昨年10月に発売したSUV(スポーツ多目的車)「スバルXV」をベースとしたHVを、今夏をメドに日本市場で投入すると発表した。今秋には、最重要と位置づける米国市場でも販売を始める。

HVに続く次世代エコカーとしては、電気自動車(EV)や、水素を充填して走る燃料電池車(FCV)などが注目されるが、当面はHVがエコカーをリードするだろう。というのも、EVやFCVには、インフラの整備や品質・性能の向上、コストダウンなどのさまざまな課題があるからだ。

HVの特徴は、既存の燃料インフラを使いつつ、エンジン車よりも大きく燃費を伸ばせる点。1997年にトヨタが「プリウス」を世界に先駆けて投入してから、今日のような状況になるのに15年の歳月を要したことを考えても、当面はHV優位の展開が予想される。トヨタに限らず、ホンダや日産自動車、マツダなどもHVの車種拡充や性能向上などの取り組みを加速している。

次ページ“最後発”の勝算は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。