ガリバーが、フェラーリを売り始めた事情

中古車買い取り最大手、脱・卸売り依存に動く

東京タワーからほど近い東麻布。富裕層が多く住むこの界隈の幹線道路には、高級輸入車販売店が建ち並ぶ。東京でも屈指とも言われる激戦区だ。その一角に、ひときわ目立つ赤い看板を特徴とする、「LIBERALA(リベラーラ)」と呼ぶブランドを掲げた新しい輸入車店が、今年2月にオープンした。

フェラーリ、ポルシェ、メルセデス・ベンツ――。リベラーラの店内には欧州系を中心とした超高級車が展示され、富裕層客を呼び込んでいる。3月上旬に訪れた際には、フェラーリやベンツの赤いスポーツカーが並べられ、その光景は華やかそのものだった。ただ、よく見るとこれらの展示車は新車ではない。中古車なのである。といっても、年式が新しく、状態のいい良質な車に限られている。

リベラーラの裏側には、意外な名前が登場する。ガリバーインターナショナル。黄色い看板が定番の中古車店「ガリバー」を直営・フランチャイズで全国展開、中古車買い取り業界でトップをひた走る企業だ。

高級輸入車に特化した中古車店は初の試み

ガリバーが高級輸入車を専門とする中古車小売り店を手掛けるのは、今回が初めて。一方で、買い取った中古車を原則2週間以内にオークション向けへ卸売りするモデルが、ガリバーの強みであり主力のビジネスである。なぜ、ガリバーが今、フェラーリのような高級中古輸入車の小売りに乗り出したのか。

背景には、ガリバーが取り扱う中古車のうち約7割を占める卸売りビジネスの不安定さがある。卸売りが影響を受けやすいのは、主に新車向けに実施される各種政策。直近の代表例は2012年の前半に国内新車販売の追い風となったエコカー補助金だ。

次ページエコカー補助金の功罪とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。