トヨタ、ハイブリッド王者のすごみ

累計販売500万台を突破、その競争力とは

トヨタが小型HV専用車として投入した「アクア」は12年度販売ランキングでトップを奪取

世界初のハイブリッド車(HV)として登場した初代「プリウス」の発売から15年――。トヨタ自動車のHVの販売が、今年3月末まででついに累計500万台を突破した。初代「プリウス」の開発責任者を務めた内山田竹志副会長は、「感無量。よくぞここまで普及してくれた」と感慨深げに話す。

トヨタをはじめとする自動車各社の相次ぐ商品投入もあり、環境意識の高い先進国ではHVの普及が加速している。HVの強みは、既存の燃料インフラを活用して燃費を大きく伸ばせる点だ。

国内ではトヨタ新車の4割がHV

2012年にはトヨタの販売全体のうち、HVは世界で14%、日本では40%を占めた。日本国内の12年度ブランド別販売ランキングではHV専用車「アクア」「プリウス」がワンツーフィニッシュ。専用車でなくても、「クラウン」や高級車「レクサス」シリーズなどのHV仕様も好調だ。トヨタは「環境を重視する国では、将来的にHVが過半数になるのではないか」(内山田氏)と強気な見方を示す。

トヨタは現在、家庭用電源などから直接バッテリーに充電できるHVである「プラグインハイブリッド車」(PHV)1車種と合わせ、ハイブリッド技術を使用したHV20車種を80カ国で販売している。さらに、15年末までに新型HVを18車種投入する予定だ。

今でこそトヨタの顔となったHVだが、初代プリウスの発売当初は暗中模索だった。内山田氏は「無事に世の中に送り出せないかもしれないのではないかとも思った」と明かす。

次ページ「プリウス」販売の軌跡は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。