吉野家会長「うまい、安いを取り戻す」

並盛り280円へ値下げの真相

吉野家は4月18日から、牛丼並盛りの定価を380円から280円へと、3割弱値下げする。この2月に米国産牛肉の輸入規制が緩和され、牛丼に適した牛肉の入手がしやすくなったことが大きな理由だ。

「吉野家史上最高のうまさ」と自讃

安部修仁・吉野屋ホールディングス会長兼吉野屋社長(写真)は、4月10日に開かれた吉野家2013年商品戦略発表会の場で、「吉野家史上、最高のうまさだ」と強調した。

牛丼並盛り280円という価格は、吉野家にとっては、今をさかのぼる10年ほど前、2001~04年当時の価格水準。03年末に米国でBSE汚染牛が確認されたことにより、主要食材である米国産牛のバラ肉の輸入がストップ。吉野家は04年に牛丼の販売停止を決断し、「牛丼のない吉野家」に追い込まれた経緯がある。

その後、米国産牛肉の輸入については、05年12月にBSE発生リスクが低い月齢20カ月以下については輸入再開を認められ、吉野家も06年9月から並盛り380円で販売を再開している。

しかし、03年末の輸入停止まで吉野家が使っていたバラ肉は月齢18カ月~24カ月のものだったのに対し、05年末の輸入再開においては、規制の関係で月齢15カ月前後のバラ肉を使わざるをえなかった。

次ページ若すぎる肉はマイルド感不十分
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?