マクドナルド、高価格セット再投入の皮算用

ゴールデンバーガーウィークに照準

日本マクドナルドホールディングスが、レギュラーメニューよりも高価格のハンバーガーを期間限定で販売する。

まずは4月5日から全国のマクドナルド店舗(一部を除く)で、「チキンてりたま」を期間限定(~4月下旬)で投入する。3月22日から同じく期間限定で販売してきた「てりたま」も予定どおり4月下旬まで展開する。

さらに、売り上げが大きく伸びる4月26日~5月6日の連休前後を“ゴールデンバーガーウィーク”と命名、「バーベキュービーフ」や「バーベキューチキン」を投入する。新商品を投入することで、低迷する売り上げの好転を図る狙いがありそうだ。

新メニューに原田社長は“賢い”を連発

4月4日、急きょスケジュールを変更して商品発表会に出席した、日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸会長兼社長は「賢いコアメニューと賢い季節限定メニューに重点を置く」と宣言。

食材については、「チキンてりたま」の鶏肉は、レギュラーメニューである「ジューシーチキンフィレオ」に使われているジューシーチキンを活用。「バーベキュービーフ」についても、2月に限定販売されていた「テキサスバーガー」と同じフライドオニオンやバーベキューソースを使う。

次ページ昨夏の高価格セットは2週間で値下げ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。