お金を使わず幸せに?物々交換の賢い仕組み

東日本大震災の支援物資問題を振り返りながら

善意の支援物資、その分配の悩みとは?

著者:安田洋祐(経済学者、政策研究大学院大学助教授) 撮影:尾形文繁

2013年3月11日で、あの東日本大震災から、ちょうど2年が経ったことになる。千年に一度ともいわれる未曾有の大災害に、1万5000人を超える尊い命が犠牲になった。まずあらためて、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りする。

今回は、震災後に起こった問題の一つを、ミクロ経済学の観点から考えてみたい。注目するのは、避難所へ送られた支援物資だ。それが引き起こした意図せざる問題と、解決に役立つ(かもしれない)具体的なアイデアを、ご紹介していこう。

東日本大震災の直後から、被災地は深刻なモノ不足に見舞われた。このピンチを救ったのが、他の地域から善意で届けられた支援物資だ。

ただやみくもに物資を送っても、有効には利用されないだろう。阪神・淡路大震災の経験を踏まえて、紙おむつや水、ラップなど、特に必要とされるモノを、窓口となってまとめて届けた自治体もあった。

受け入れ側も、被災者の意見を集約し、物資の要望リストをネットで公開する、といった具合に、それぞれ現場レベルの工夫を凝らしていた。

しかし、こうした対応をとっても、各避難所に、適切な支援物資が届かないことはままある。たとえば、百人の被災者が集まる避難所に、90人分の食糧が送られてくるような場合だ。

物資を一人1セットずつ行き渡らせることができないなら……と、配らずに捨ててしまう。そんな極端なケースさえあったようだ。

次ページ「効率」と「公平」を両立させることの難しさ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。