ヤフーが作った、最強コワーキングスペース

どうせやるなら、“最先端の社交場”を作りたい

ヤフー社員自らが企画して、石巻に作った、最先端コワーキングスペース

「とーちゃんが1人でみやぎに行くのはかわいそうだから、ぼくはついて行く」

2012年6月、ヤフーの復興支援事業の拠点となる「ヤフー石巻復興ベース」の設置と、ヤフー社員がそこに常駐することが決まったときのこと。単身赴任するか家族で移住するか、それとも調整役として東京に残るか、父親である僕がまだ決めかねていた頃、春に入学したばかりの小学1年生の息子が生意気にもこのように宣言した。

僕の家族は、奥さんと小学1年生、幼稚園の子ども2人。「石巻に勤務するかもしれない」という話が出たときから、これからどうするか家族で相談していた。

一度は、いっちょまえに「ひっこすかどうかなやんでいる」と言っていた息子。その子が「とーちゃんについていく」と奥さんに告げたと聞いて、自分の息子に背中を押される日がこんなにも早く来るなんて……と思った。

そしてうちの奥さん。もともと彼女は日本中をバイクで点々とする旅人だったので、フットワークが軽い。子どもが生まれる前は、僕と屋久島までツーリングに行ったり、毎年、全国の旅人が集結する青森ねぶた祭に顔を出したりしていた。

子どもがある程度大きくなった後も、車にテントを積み、家族4人で1週間くらい東北を野宿して回ったこともあった。だから僕たちは東北に親しみがあったし、地方に対する抵抗感もなかった。

社長の宮坂も言っていた。「迷ったらワイルドなほうを選べ」、と。

「よし、みんなで行くぞーー!」

次ページどうせやるなら、コワーキングスペース!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。