今日で世界が終わるなら、何が「できる」か

「世界の終わり」が確定したら、市場がまず死を迎える

世界の「最終日」に実行できるプランは?

著者:安田洋祐(経済学者、政策研究大学院大学助教授) 撮影:尾形文繁

「もしも今日で世界が終わってしまうとしたら、何をしたいですか?」

突然こう尋ねられたら、どう答えるだろう。

「今日がその日だと思って、毎日を大切に生きましょう!」

なんて説教を垂れる気はないので、馬鹿げた質問と呆れる前に、ちょっとだけマジメに考えてほしい。

大好きな人と一緒に過ごす、最後の晩餐を堪能する、豪遊しまくる、思いっきり悪いことをする等々、いろいろな答えがありそうだ。

もう一つ質問をさせてほしい。

「その答えは、実現できるでしょうか?」

いざ世界が終わるとわかったときに、本当に実行できるプランかどうかを考えてほしいのだ。なぜこんなことをわざわざ確認するのかというと、おそらく皆さんの答えの大半が、実際には実現不可能だからである。いったいどういうことなのか、明らかにしていこう。

次ページ世界の終わりの日に律義に働く人は、きっといない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。