ホンダ「新型フリード」はどう進化したのか

初のフルモデルチェンジを最速で徹底解剖

ホンダの「フリード」と「フリード+」

初のフルモデルチェンジ「新型フリード」

ホンダ「フリード」。「モビリオ」の後継車として2008年に登場し、2年後に2列シートの「フリードスパイク」、 2011年にはハイブリッド仕様を追加したホンダのコンパクトミニバンが、 初のフルモデルチェンジ(全面改良)を実施した。

発表資料を見てまず気付いたのは、2列シート仕様をフリードスパイクから「フリード+(プラス)」に改名し、フリードとの外観上の差をほとんどなくしたことだ。

車名に「+」を付けたホンダ車と言えば、「N-BOX+」が思い浮かぶ。キャビンを可能な限り広く取ったN-BOXに対し、N-BOX+はさまざまな用途に対応できる後部空間を持つ。従来のフリード/フリードスパイクの位置付けに似ていることから、統一感を出すためにフリード+としたのだろう。

しかし2つのフリードはまったく同じボディではない。これもN-BOX/N-BOX+と同じで、フリード+はリアゲートがフリードよりさらに低い位置から開くようになっている。

エクステリアデザインは、 旧型と比べるとフロントノーズが厚みを増したことが目に付く。これは最新の歩行者頭部保護基準に適合させるとともに、存在感を高める顔つきとしたためだという。今年6月にマイナーチェンジしたトヨタ自動車の「エスティマ」と似た理由だ。さらにサイドウインドー上端のラインが明確な弧を描いていることも旧型フリードと違う。

次ページ「ちょうどいいカタチ」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。