「カローラ」と「サニー」何が明暗を分けたのか

トヨタと日産、大衆車50周年の系譜をたどる

現行「カローラ」(左)と「サニー」のコンセプトを引き継ぐ「ラティオ」

2016年は「大衆車50周年」

今から半世紀前の1966年。日産自動車の「サニー」とトヨタ自動車の「カローラ」が相次いで登場し、「大衆車元年」と呼ばれてから今年は「大衆車50周年」といってもいい節目に当たる。

カローラ50周年記念特別仕様車

カローラは1969年から2001年まで国内の車名別販売台数(軽自動車を除く)で33年連続トップ。近年は「プリウス」「アクア」といったトヨタのハイブリッド専用車の大ヒットに押されているものの、ハイブリッド仕様の設定や安全装備の充実、デザインの洗練などによって魅力を保ち、軽自動車を除く車名別新車販売ランキングでは上位の常連となっている。先月には50周年記念特別仕様車を発売した。

一方のサニーは、12年前の2004年に日本市場からは消滅。そのコンセプトはタイで生産し日本に逆輸入してきた「ラティオ」が引き継いできたものの、すでに輸入は中止。日本国内は在庫販売のみになっている。今年中にもラティオの日本販売は終了する見込みだ。サニーから続いた日産の小型セダンの系譜が50年目という節目で途切れる。

カローラとサニーの明暗はどこで分かれてしまったのか。歴史を振り返りつつ検証したい。

次ページ国民の足の変化
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。