ホンダ「NSX」は超高級車として通用するのか

10年ぶり復活したスーパーカーの実力と価値

ホンダ新型「NSX」が発表された(撮影:尾形文繁)

ホンダ「NSX」。2代目に当たる新型が日本でも発表され、来年2月末の発売に向けて受注が始まった。26年ぶりのフルモデルチェンジ(全面改良)。初代の生産終了から10年を経て復活した2人乗りスーパーカーだ。

新型「NSX」は2370万円

新型NSXについて、多くのメディアが真っ先に報じたのが2370万円という車両価格だ。無理もない。初代モデルが1990年に登場した際の約3倍にも当たる。日本で販売された日本メーカーの乗用車でこれを超えるのは、NSXとほぼ同じジャンルで2009年に発表された「レクサスLFA」の3750万円だけだ。しかもLFAは全世界500台限定だったのに対し、NSXは初年度の日本における販売目標が100台とはいえ、れっきとした量産車である。

 

ホンダでいえば昨年、2輪レースの最高峰、モトGP参戦中のマシンに一般公道走行のための最小限の変更と保安部品追加を行った「RC213V-S」を2190万円で販売している。しかしこちらはサーキット向けに開発されたマシンを公道で乗れるようにしたもので、公道向けの車両としてはNSXが最高峰となる。

次ページ価格にスポットが当たったもうひとつの理由
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。