高すぎる市場の期待に苦しむ黒田総裁

いよいよ3、4日は日銀金融政策決定会合

4月1日が月曜日というのはいい、ということをベテランサラリーマンから良く聞く。始まり、という気がするし、新入社員も、週末心の準備をして、イザ!という感じで行けるので、いいかもしれない。

日本の株式市場、為替市場は、新年度入りは日本だけだが、悲惨なスタートとなった。4月1日、ドル円レートは1円以上も円高が進み、株価は、日経平均で260円も下落した。J-REITに至っては、7%も下げ、2011年の震災以来の下落率となった。一体何が起きたのか。

実は、何も起きていない。

株式市場をはじめとする、金融市場における金融商品(為替も投資家にとっては金融商品だ)の価格とは何を意味するか。理論上はファンダメンタルズということになっている。実体だ。つまり、その金融商品が表す実体が変化するから、その価格も変化する、というのが理論だ。株式であれば、その企業の収益見通し、日本株全体なら、日本の大企業の収益環境の変化だ。

次ページマーケットでついた価格の本質とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。