キャバクラ代の領収書でも節税できる!?

すきま時間に読む、サラリーマン節税の話

公認会計士・税理士の小澤善哉です。このたびなぜ犬神家の相続税は2割増しなのか』(東洋経済新報社)を出版しました。簡単にできる節税方法や、税金で損しない方法が書かれていますので、ぜひ本をお読みいただきたいと思います。このオンラインでは3回にわたり、みなさんの興味のありそうな分野に絞り、役に立つ税金の話をします。前回は「サラリーマン節税の落とし穴」でしたが、今回は、「税金の取り戻し方」についてです。スーツ、飲み会、ゴルフに英会話スクール…。サラリーマンでも「あらゆる領収書は経費に落とせる」ことを、みなさんご存知でしたか?

自腹で払った領収書は取っておこう

仕事に関連した支出なのに、会社が経費として認めてくれず、泣く泣く自腹を切ったという苦い経験を、多くの方がお持ちでしょう。

でもあきらめるのは、まだ早いのです。その自己負担額は、自分の節税に使えるかもしれません。後で述べる条件さえ満たせば、本人の税金を計算する際に、その自己負担額を経費として差し引くことができるからです。

次ページえっ?飲み代の領収書で節税?
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。