個人投資家が本格回帰、日本株は底上げへ

株価急騰の不動産関連株、目先は注意を

日経平均株価の上昇トレンド継続の条件として注目している、25日移動平均線の維持は、昨年11月16日以来、営業日ベースで78日連続となった(3月15日終値時点)。三菱UFJモルガンスタンレー証券の調べによると、1990年以降、25日線連続キープの最長は99日(2005年5月27日~10月18日)。

仮に今回この日数に並べば、日経平均は4月16日まで25日線を上回り続けるということになるようだ。

米国株式市場には「Sell in May(5月は株を売れ)」という相場格言もあり、日本もゴールデンウイーク前後を境に相場が変調を来す傾向がある。逆にいえば、それまでは基本的に強気スタンスでよいのかもしれない。

ただ25日線との乖離率は、3月15日時点で7.5%まで広がっている。同線を割り込むまではいかなくても、乖離率を縮める形での短期調整はいつ起きてもおかしくはない。仮に5%の下落になったとしたら、日経平均の値幅にして600円程度の下落となるので、それなりにインパクトがある。

次ページ特に不動産関連銘柄は好調だが…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。