『四季報』春号発売!日本株、一段の復活も

来14年3月期予想は、全体で28.7%の大幅営業増益

日経平均は14日、終値ベースで新高値を更新

上場会社の7割を占める3月決算企業の期末まであと2週間。はたして着地点はどうなるのでしょうか。

『会社四季報』2013年春号が3月15日に発売となりました。2月半ばに出そろった第3四半期決算を踏まえて、東洋経済新報社が予想したところ、今2013年3月期の営業利益は東日本大震災やタイ洪水被害の影響が消えるにもかかわらず、わずか3.1%の小幅増益にとどまることがわかりました。前12年3月期に18.5%と大幅営業減益だった後の戻りとしては、「ネガティブサプライズ」と言っていいでしょう。

実は、13年3月期の期初段階では、20.0%の営業増益と強気予想でした(12年夏号、6月発売)。しかし、秋号(9月発売)16.2%増、新春号(12月発売)5.8%増と号を追うごとに増益率は下方修正を続けてきました。長引く欧州債務危機や、日中関係の悪化が、想像以上に企業業績の重しとなったもようです。

次ページ来期予想では、希望を抱かせる「見出し」が増えた!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。