トヨタ「86」とスバル「BRZ」が似て非なる理由

生まれ持った性格の違いと互いの歩み寄り

大幅な改良が施されたトヨタ「86」(上)とスバル「BRZ」(写真はトヨタ自動車、富士重工業提供)

「86」と「BRZ」がこの夏、大変更を行った

この夏、車体の基本設計を維持しつつも大胆に部分改良した「86」と「BRZ」。トヨタ自動車とスバル(富士重工業)が共同開発し、それぞれのブランドで販売しているスポーツカーだ。

2012年春の登場から4年あまり。いずれも毎年のように小幅な改良によってアップデートしてきたうえでの大変更となった。今回はエンジン出力やボディ剛性、操縦安定性、乗り心地の向上のほか、内外装の見直し、新装備の採用などを施した(86は「マイナーチェンジ」、BRZは「大幅改良」と表現しているため、本稿では「大変更」と表記する)。

そんな2車種の最新モデルを乗り比べてみてまず感じたのは、4年前の登場時にはまったく違った両車の乗り味がお互い歩み寄り、ここへきてかなり似てきたということだ。

あまりクルマに詳しくない人の中には、86とBRZがトヨタの兄弟車によくある「販売店ごとのブランドをつくるために、内外装を少し変えているだけで乗り味はほぼ同じ車」だと誤解している人もいるかもしれない。実際は違う。

そもそも生まれた背景からして興味深い。トヨタは1999年に「MR-S」を投入(2007年に販売終了)以後、新型スポーツカーの開発を控えていた。一方、スバルはこれまで手がけたことのないFR(後輪駆動)のライトウエイトスポーツに挑戦したいという思いがあった。その両社の思惑が一致して、共同開発されたのが86とBRZだ。

クルマ好きには有名な話だが、86は、トヨタが1983~87年に販売していた「カローラ/スプリンター」のスポーツモデル「レビン/トレノ」の車両型式番号「AE86」を車名の由来としている。AE86は小型・軽量かつFRという希少性に加え、人気漫画にも登場したことで、絶版後も息の長い人気を保っている。その小型・軽量・FRの特徴を、現代へよみがえらせたのが86である。

一方、BRZの車名の由来は、「ボクサーエンジン(Boxer Engine)」、「後輪駆動(Rear wheel drive)、「究極(Zenith)」の頭文字を組み合わせたものだ。

次ページ当初のハンドリングは両極端だった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。