北京のロシア400mリレー金メダル剥奪

再検査で違反判明

 8月16日、国際オリンピック委員会は、2008年北京五輪の陸上女子400メートルリレーで優勝したロシアの金メダルを取り消し、返還を命じたと発表した。写真中央は同レースでのチェルモシャンスカヤ。北京で2008年8月撮影(2016年 ロイター/David Gray)

[リオデジャネイロ 16日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、2008年北京五輪の陸上女子400メートルリレーで優勝したロシアの金メダルを取り消し、返還を命じたと発表した。

リレーチームのユリア・チェルモシャンスカヤ選手のサンプルを再検査したところ、禁止薬物のステロイドに陽性反応を示したという。これにより、ロシアチームは失格処分となった。同種目ではベルギーが2位、ナイジェリアが3位だった。

また、IOCは国際陸上連盟(IAAF)に対し、競技結果の修正とともに、さらなる対応の検討を求めた。

ロシアの陸上チームは国ぐるみのドーピング違反が明らかになったことで、米国を拠点とする選手1人を除きリオデジャネイロ五輪には出場していない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。