体操・男子跳馬、白井が新技成功で銅メダル

リ・セグァン(北朝鮮)が金メダルに

 8月15日、リオデジャネイロ五輪、体操の種目別決勝、男子跳馬では白井健三(右)が15.449点で銅メダルを獲得した(2016年 ロイター/RUBEN SPRICH)

[15日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は15日、体操の種目別決勝を行い、男子跳馬では白井健三が15.449点で銅メダルを獲得した。

白井は1本目で新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」に成功し、15.833点をマーク。2本目は15.066点だった。白井は今大会、団体総合で金メダルを獲得した。

リ・セグァン(北朝鮮)が金メダルに輝いた。

男子つり輪ではエレフテリオス・ペトルニアス(ギリシャ)が優勝。女子平均台ではサンネ・ベフェルス(オランダ)が金メダルを手にした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。