柔道で握手拒否のエジプト選手、帰国処分に

「イスラエルの選手と握手したくなかった」

 8月15日、国際オリンピック委員会は、リオ五輪の柔道の試合で対戦したイスラエル選手との握手を拒否して物議をかもしたエジプトのイスラム・エルシェハビ選手(左)が帰国処分を受けたと明らかにした。12日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[リオデジャネイロ 15日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は15日、リオデジャネイロ五輪の柔道の試合で、対戦したイスラエル選手との握手を拒否して物議をかもしたエジプト選手が帰国処分を受けたと明らかにした。

12日に行われた男子100キロ超級1回戦で、イスラム・エルシェハビ選手(エジプト)はオル・サソン選手(イスラエル)に一本負け。試合後にサソン選手が握手しようと手を差し出したところ、エルシェハビ選手が拒否し、観客からブーイングを浴びた。

エルシェハビ選手はイスラエルの選手とは握手したくなかったし、柔道のルール上も握手する義務はなかったと主張。しかしIOCはその行為がオリンピック精神とフェアプレー規則に反するとし、懲戒処分とした。

IOCは「エジプト・オリンピック委員会に対し、今後はすべてのアスリートがオリンピックの価値について正しい教育を受けてから大会に臨むよう徹底を求めた」と説明した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。