卓球男子団体、日本が銀メダル以上を確定

17日の決勝は中国─韓国戦の勝者と対戦

 8月15日、リオデジャネイロ五輪、卓球の男子団体準決勝、日本はドイツに3─1で勝利。初の決勝に進み、銀メダル以上を確定させた(2016年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[15日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は15日、卓球の男子団体準決勝を行い、日本はドイツに3─1で勝利。初の決勝に進み、銀メダル以上を確定させた。

日本は第1試合のシングルスで吉村真晴が敗戦。しかし、その後は水谷隼がシングルスで2勝、ダブルスで丹羽孝希・吉村組が勝利し、ドイツを下した。17日の決勝では、準決勝の中国─韓国戦の勝者と対戦する。

女子団体準決勝では、中国がシンガポールに3─0で勝利。この結果、前日の準決勝で敗れた日本は16日の3位決定戦でシンガポールと対戦することが決まった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。