日本酒「ツウなら辛口」説は、とんだ勘違いだ

ウソだらけの「通説」は捨ててお酒を堪能!

変な「通説」に振り回されてしまうのはモッタイナイ!(写真:xiangtao / PIXTA)
おいしいお酒を選ぶのに、お酒に詳しくなる必要はまったくない――。
ソムリエ兼酒匠(さかしょう)兼バーテンダーという「お酒のプロ」でありながら、そう断言する山口直樹氏。『世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方』の著者でもある山口氏が、ちまたにあふれる「日本酒の間違った通説」をバッサリ斬り捨てます!

 

日本酒専門店の支配人として働く中で、最も悲しいこと。それは、日本酒の世界にはあまりに「通説」が多いために、ほとんどの人がよく理解せず、いや、誤った理解のままオーダーしてしまっていることです。

今回は、ちまたにあふれる日本酒の代表的「ウソ通説」4つについて、がっつり解き明かしていきましょう。

そもそも日本酒の「辛い」って、どういう味?

■ウソ通説1:日本酒のツウは「辛口」を頼む

地球のどこでも、男はバカだ! 僕がそう確信したのは、日本酒が海外でも「辛口 is 最高!」ともてはやされていると知ったときです。白ワインにしても日本酒にしても、なぜか男性のみなさんは口を揃えて「辛口が好き」とおっしゃいます。これ、世界中で同じなんですね。

でも、ここでみなさんにお伝えしたいのは、「辛口の日本酒をください」というオーダーでは、本当においしいお酒を選ぶことはできないということ。世の辛口信仰は、おいしいお酒を選ぶのに邪魔なのです。

そもそも日本酒の「辛い」って、どういう味だと思いますか? 実は、辛さは味のことではありません。アルコールによるピリッとした「痛み」。味覚じゃなくて、痛覚なんです。

次ページ「本格的な酒=辛い」の構図は、こうして出来た
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。