「ブロックチェーン」は社会の基盤になるか

伊藤穣一氏、村井純氏らが指摘

ブロックチェーンは社会の新しい基盤になるのだろうか(写真 :Kopitinphoto / PIXTA)

 派手なトライ&エラーが繰り返されている

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

暗号通貨・ブロックチェーン界隈では派手なトライ&エラーが繰り返されている。6月の非中央集権型ファンドTheDAOへのアタックなど、さまざまな損失が出ており、一部で「難しい報道」も出てしまった。MITメディアラボ所長の伊藤譲一氏はブロックチェーンに投じられている資金に対して、技術の未成熟さを指摘。研究機関がブロックチェーンの安全性を確かめていくことで、非中央集権(ディセントラライゼーション)が実現すると伊藤氏は語っている。ブロックチェーンはインターネットが世界中に行き渡った社会の新しい基盤になるのだろうか。7月初旬に開かれたTHE NEW CONTEXT CONFERENCE 2016 TOKYO(主催デジタルガレージ)のセッションをまとめた。

「インターネットとブロックチェーンは似ている」。MITメディアラボ所長の伊藤譲一氏はブロックチェーン・暗号通貨をインターネットのアナロジーで語っている。伊藤氏はビットコインなどのデジタルキャッシュのブームに一定の評価をしてはいるものの、基幹部分が出来上がっていないと主張している。基幹部分を支えるためには、暗号学、セキュリティ、金融、コンピュータ科学をまたがる知識を有するエンジニアが足りていないことに警鐘をならしている。

MITメディアラボ所長の伊藤穰一氏

伊藤氏はこう危惧する。「ブロックチェーンへのベンチャー投資の金額は昨年で10億ドル(約1050億円)を超している。ネットの1996年の勢いを超えてしまっている。しかし、実際の技術的なレベルはまだネットの90年ぐらい。しかし、アプリケーションを作りだしちゃっているのだが、まだそれを支えるインフラができていない」。

次ページThe DAOへのアタック
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。