スマホ利用者の4割がポケモントレーナー!

この異常人気はどこまで続くのか?

意外に「歩きスマホ」をしている人は少ない?(撮影:今井康一)

7月22日に日本でも配信が始まったスマートフォンゲーム「ポケモンGO」。夜の公園に多くの「ポケモントレーナー」が集まる姿は壮観であり、絵柄としては、まさに社会現象だ。

調査会社であるMMD研究所が7月26日に公表した「ポケモンGOの利用実態調査」から浮かび上がったのも、そうしたフィーバーぶりを裏付けるものだ。

39.0%ものスマホユーザーが遊んでいる!

同調査は15歳から69歳の男女に対して7月25~26日に聞き取りを実施し、1949人から有効回答を得たというもの。調査によると、ポケモンGOの存在を知っているとの回答は92.6%に達し話題性の高さを裏付けた。

ポケモンGOを知っており、スマートフォンを利用していると回答した1453人のうちダウンロードしてプレイした人も39.0%にのぼる。これは驚異的な比率と言えるだろう。ダウンロードしたものの遊んではいない、との回答は3.7%に過ぎなかった。つまり、ほとんどの人が実際に遊ぶ目的でダウンロードしている、ということだ。

年代別に見ると、「プレイした」と回答した比率が最も高いのは15〜19歳で51.2%。年齢層が上がるにつれてこの比率は低下し、60〜69歳では15.3%にとどまった。ポケモンが1990年代以降にヒットしたキャラクターであることを考えれば、当然と言える。

次ページ「歩きスマホをした」は34.0%
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。