ポケモン完全アウェー!オジサンの複雑心中

アラフォー世代は「90年代育ち」が羨ましい!

スゴイことになっています(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

ポケモンGO、7月22日にようやく日本でもサービスが開始されましたね。海外での熱狂ぶりから始まり、飛び交う国内開始日のデマ、果てはファストフードとの提携情報が「2ちゃんねる」に漏えい?するなど、ユーザーの期待度を高める役者が揃いまくった中でのスタートでしたが、その後の各地での熱狂ぶりはみなさんもご承知の通りです。

リリース当日の夜には、数十人(!)の中学生集団が、ゆ~っくり自転車で移動しながら、全員がスマホ画面を見ている、という見たこともない斬新な光景に出くわしましたよ。さすがにその時は注意しましたが……。

プラレールがハヤるかも?

この連載の記事一覧はこちら

ポケモンGOは、ユーザーが「物理的に移動」することでモンスターの卵が孵化するんですが、速すぎちゃダメ。時速10㎞以下じゃないとダメなんです。子どもたちが自転車でブッ飛ばさないように、という配慮のようなんですが、自転車中学生たちがゆっくり走っていたのもソレが理由でした。

大人の間でも、ターンテーブルを使えばいい、自転車をひっくり返して車輪のスポークに貼り付けて回せばいい、という裏技が流布しています。プラレールの電車にスマホを載せてグルグル走らせることで卵を孵化させた、なんて人も現れているので、今後、プラレールの入門セットが品薄になるかもしれません。

次ページ異例の注意喚起もごく普通の内容
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
アマゾン膨張<br>追い詰められる日本企業

国内売り上げが1.2兆円に達したアマゾン。新サービスが続々と提供される一方で、物流、出版…その膨張ぶりを受け止めきれない企業も多い。敵か、味方か。その戦略の全貌に迫る。