ポケモンGO開発者が明かした「次なる展開」

新たなキャラクターや目印の追加も?

人気沸騰中のポケモンGO、次の展開は?(写真:Toru Hanai/ロイター)

[サンディエゴ 24日 ロイター] - スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」開発者のジョン・ハンケ氏が24日、米サンディエゴで開催されたコミック・映画イベント、コミコン・インターナショナルの最終日に登壇した。セレブ扱いを受けた同氏は、6500人以上のファンを前に、ポケモンGOの成功や、今後の展開などについて語った。

ハンケ氏は米ナイアンティックの創業者。同社が任天堂などと共同開発したポケモンGOが7月6日の配信開始以降、世界的に「極めて刺激的な」人気を集めていると述べた。これにつれて、ナイアンティックの位置情報ゲーム「Ingress(イングレス)」の人気も上々だという。

目下の課題はサーバーの防衛

ポケモンGOは、米国では配信開始から2週間でアクティブユーザーが2100万人に到達した。ハンケ氏は、専用サイトへのアクセス殺到に対処して、サーバーのダウンを防ぐことが、現時点での最優先課題だと語った。

今後の展開については、新たなキャラクターを追加するとともに、拡張現実(AR)上で街の目印となる地点に設置されている「ポケストップ」や「ジム」を、さらに増やすと述べた。質疑応答の中では、バグの修正やポケモン育成といった機能の強化に努める意向を示した。

また、ポケモンGOで遊ぶために人々が外に出て活動的になり、ほかの人と出会う機会ができるよう期待している、と述べた。

来場者の多くは、会場限定でレアなポケモンが放されたのではないかと思っていたが、ハンケ氏が否定したため、期待外れに終わった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。