東京には勝てない。だから「らしさ」を尖らせる

スナックみたいなギター教室って?

ギター教室を経営している清水邦浩さん(34歳)に出会ったのは、JR東海道線の蒲郡駅前にある小さなコーヒーショップ「喫茶スロース」だった。カウンター内で忙しく働いているのは奥さんで、清水さんはその2階のギター教室で生徒たちを教えているらしい。

「普段はマンツーマンで教えている生徒さん同士が交流できる場所が欲しいと思って、2年前にこの店を作りました。(店舗経営は大変なので)奥さんは絶対嫌だと大反対していたのですが、オープン後はほとんど丸投げしちゃっています。彼女は僕と逆でまじめな性格なんです」

教室の空き時間には清水さんもカウンター内に入る。でも、客と話し込むと夢中になってほかのことが見えなくなってしまう。コーヒーの機器も使いこなせない。清水さん、お店の切り盛りには向いていないようだ。だから、奥さんに任せている。言い出しっぺのくせに適当だな……。

今年で10年目になるギター教室の経営には熱心に取り組んでいる。生徒数は約100人で、自分1人では見きれなくなり、若い講師を1人雇ったところだという。ホームページを見ると、月2回のレッスンで月謝は7000円超。入会金にも5000円ほどかかる。失礼ながら、人口8万人強の蒲郡市にそれだけのおカネをかけてギターを習いたい人が100人もいるとは思えない。清水さんに直接聞いてみよう。

奥様方から「綾小路きみまろ的な人気」を博しているという清水さん。確かに、おばちゃん的な人柄だ。
次ページギターを弾かずにおしゃべりだけで帰る人も?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。