トヨタ「1ドル79円でも利益出る」

5年ぶりに単独営業黒字へ、収益改善のワケ

歴史的な円高を乗り切った、トヨタ自動車にかつての強さが戻りつつある。

トヨタは2月5日、2013年3月期の単独営業利益が1700億円と5年ぶりに黒字転換する見通しになったと発表した。従来は200億円の営業赤字を予想していたが、好調な北米の販売増や円安を追い風に収益を大きく改善する。

「今は1ドル79円でも単独で利益を出せる」。同日、2013年3月期第3四半期決算発表に臨んだ伊地知隆彦専務は、力強く言い切った。今期、トヨタの販売台数はリーマンショック前の水準を回復する見通しだが、当時の為替レートは1ドル110円台後半。その後、歴史的な水準に円高が進み、トヨタ単独では日本からの輸出による採算が大幅に悪化したのが、4年連続で単独営業赤字に陥っていた要因だった。

固定費を削り、1台当たりの粗利を改善

「リーマンショック前は、投資の拡大による固定費増が販売の収益を食ってしまい残ったのは、円安メリットだけだった。この反省にたって固定費を削り、1台当たりの粗利を改善した」(伊地知専務)。リーマンショック後に急減した需要に対応するために進めてきた収益構造の改善に、円安の追い風が吹いた格好だ。

トヨタ自動車が2月5日に発表した2013年3月期第3四半期(12年4~12月期)決算は、売上高が前年同期比26%増の16兆2271億円、営業利益は8185億円と、同6倍に躍進した。

次ページ連結業績は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。