成果を出す人は「ムダな問題意識」を持たない

「ミニマル思考」でストレスから身を守れ

さまざまなストレスから身を守るためのミニマル思考とは?(写真 :bee / PIXTA)

会社の人事がフェアでない、上司の言動が人として許せない、会社のあり方はこれではいけない……。日常生活の中で、怒りや問題意識で頭がいっぱいになることはないでしょうか。モヤモヤして仕事がはかどらないこともあるかもしれません。

成果を出せない人は問題意識に「振り回されている」

しかし、仕事で成果を出す人は、「成果につながる」問題意識を持っているもの。一方、成果を出せない人は問題意識に「振り回されている」ことが多いものです。

正義感、不公平感、被害者意識、好き嫌い、不安、憶測……。私たちの頭の中にはさまざまな「想念」が散らかっています。この「頭の中のガラクタ」こそが人間の合理的思考を妨げる原因。正義感も不公平感も「自分はこう感じる」という主観に過ぎません。立場が変われば別の感じ方もあり得ます。

これに対し、成果を出せる人の判断基準は「実利・実害があるかないか」だけ。非常にシンプルです。彼らは正義感や好き嫌いなどの「実害のない、単なる主観」は捨てて、実利・実害のある問題だけにフォーカスする。だからムダな議論で空回りすることなく、成果を出すことができるのです。

次ページくすぶっている人、不満を持つ人の共通点
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。