思考のスピードが速い人は「型」で考えている

思いつきで「もぐら叩き」するのは時間のロス

思考のスピードが速い人は、どのように考えているのでしょうか?(写真 :kou / PIXTA)
思考のスピードが速いと、「頭のいい人」として評価されることが多いものです。では思考の速い人と遅い人とでは、何が違うのでしょうか。
日本IBMのシニア・プロジェクト・マネジャーとして、数百人のメンバーを抱える木部智之氏は、頭がいい人は、「フレームワーク」(型)を使って考えている、と話します。『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』(KADOKAWA)の著者であり、自他共に認める“スピード狂”である木部氏に、思考力を加速させる方法について聞きました。

あらゆるスピードアップの技術のなかで、最もできていない人が多く、それゆえに差がつくのが、「思考」のプロセスだと私は考えています。

「思考」といっても仕事で使う頭の使い方は、学生時代の勉強とは違います。学生時代は暗記中心の勉強で、数学や物理であっても、暗記した公式を使って正解を導き出すことがゴールでした。しかし、ビジネスには正しい答えはありません。複雑で雑多な状況を最速で整理し、最適解を出すことが求められるのです。

思考のスピードが速い人は「ズル」をしている

思考のスピードが速い人はどのように考えているのか。まず、絶対にゼロからは考えていません。「型」すなわちフレームワークを使って、いい意味で「ズル」をしています。

反対に、思考が遅い人は、その思考の「型」を知らないので、思いつきでもぐら叩きのように考え、時間がかかる上に考慮モレが多く発生します。

型にはめる、すなわちフレームワークを使うと、どの範囲で何を考えないといけないかの枠組みが決まります。思考する枠組みが決まるため考慮モレがなく、その枠以外のことを考えなくていいのでムダがありません。

次ページまず、身につけること
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。