「思考のスピードが速い」人の頭の使い方

「推測・意見・事実」を仕分けしよう

最速で答えにたどり着くために必要なこととは?(写真:kou / PIXTA)
もっと頭を使って考えろ!――。上司からこんな叱責を受けたことはないでしょうか。「正解がない」といわれる今の社会は、思考力が求められる時代です。日本IBMのシニア・プロジェクト・マネジャーとして、数百人のメンバーを抱える木部智之氏は、「思考のスピードが速い人」はインプットのしかたが違う、と断言します。『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』の著者であり、自他共に認める“スピード狂”である木部氏に、効果的なインプットの方法について聞きました。


「思考のスピードが速い人」と言うと、頭の回転が速く、矢継ぎ早にアイデアを思いつく人を想像するかもしれません。「自分には、天才的ひらめきは降りてこない」「頭がこんがらがって、整理するのが苦手」とコンプレックスがある人もいるでしょう。

でも私は、生まれ持った「頭のよさ」と「思考のスピード」は、まったく別のものだと考えています。

推測や意見よりも大事な「事実」

最速で答えにたどり着くために「まず」必要なこと。それは、「正しい情報」をインプットすることです。

インプットが間違っていると、結局、すごろくで言う「振り出しに戻る」状態で、正しい事実をとらえるところからやり直さなければならなくなります。

最近は「今は正解のない時代だ。だから自分の頭で考えよう」ということがよく言われますが、自分の頭で考える前に絶対に必要なのが、事実を正しく把握することです。事実を間違ってとらえたままの状態でいくら考えても、それは結果的に考えたことにはなりません。

インプット情報のひとつに人の発言があります。そして、人の発言を正しくとらえるには「推測」「意見」「事実」の3つがポイントとなります。相手がどれを述べているかを分類しながら聞くと、正しくインプットできるようになります。

次ページ次の意見を、どのように受け止めますか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。