シャーロック・ホームズの思考術に学ぶこと

これは人生のバイブルになる本かもしれない

シャーロック・ホームズの思考術に学ぶこととは?(写真 :カツ / PIXTA)

人によっては、人生のバイブルになる1冊

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

ネットで短文を読むことに慣れている方は、きっとイライラさせられるだろう。繰り返しが多く、読むのに時間がかかる。一気読みができない本だ。それでも私は、本書『シャーロック・ホームズの思考術』をお薦めする。人によっては、人生のバイブルになる可能性すらあると思うからだ。私は「くどいと感じた言い回しには、別の意味があったのではないか」と思い直し、さらに一ヶ月かけて読み直した。それくらい、私は本書にひきつけられてしまった。人気ドラマを読み解いただけの本ではない。忙しい時代だが、どうか慌てないで、たっぷりと時間をとって読んで欲しい。

本書は問う。「ホームズは、なぜ初対面のワトスンがアフガニスタン帰りだと推理できたのか?バスカヴィル家でなくなった片方のブーツから、なぜ真相を見出せたのか?」と。シャーロッキアンでない私には、そういわれても全くピンと来ない。それでも、本書の読書には全く差し支えなかった。むしろ、あなたがホームズを知らないとしたら、それは幸運なことだ。私は、読了後、公開中の映画「シャーロック 忌まわしき花嫁」を観て、その世界にスーッと入り込めた。大満足だった!これから、全正典60作を読む愉しみ。これも、本書からの贈り物である。

次ページワトスンの思考術から抜け出す方法とは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。