大和証券グループ、収益改善は鮮明

第3四半期決算は利益大幅増

大和証券グループ本社は2月1日、2013年3月期の第3四半期(12年4~12月期)決算を発表した。コスト削減効果と市場環境の好転によって収益力は大きく改善。第3四半期のみで見た経常利益は181億円と前四半期から2.1倍以上の大幅な伸びとなり、当期純利益も140億と同9割近く増えた。

第3四半期を累計でみると、経常利益は351億円、当期純利益は241億円となり、前年同期の経常赤字、純損失から大幅に回復した。

株価回復を受け手数料収入が増加

第3四半期は、政権交代への期待に伴う株価の回復を受けて、日本株取引が拡大。株式委託手数料が113億円という高水準となったほか、株式投信の回復で投信販売手数料も112億円まで増加した。また、国内証券2社の統合効果が発揮され、中堅企業などのミドルマーケットにおける債券販売も好伸した。こうしたリテール部門の好調に加えて、ホールセール部門では、エクイティ中心に拡大したトレーディング収益が海外拠点の損失を吸収して経常黒字化した。ホールセール部門の経常黒字化は10年1~3月期以来、11四半期ぶりのことだ。

収益力の回復は、第3四半期においてもとくに11月下旬から12月にかけて鮮明化し、1月はさらに好調度合いを増している。したがって、13年3月期の通期利益水準は東洋経済が、「会社四季報」で示した直近予想額を大幅に上回ることはほぼ確実だ。一方、収益力の回復が持続し、さらに海外収益が安定化すれば、課題のひとつとなっている「格付け」の改善にもつながるだろう。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。