ソフトバンク孫社長、「ドコモに並ぶ」宣言

業績は好調、弱点だった電波状況の改善も猛アピール

「ドコモに並びたい」。

ソフトバンクの孫正義社長は宣言した。

1月31日、ソフトバンクは2013年3月期第3四半期(12年4~12月期)決算を発表。都内で記者会見に臨んだ孫社長は、次年度となる13年度(14年3月期)の業績について、国内だけで8000億円(従来の会計基準ベース)程度の営業利益を達成できるとの見通しを示した。会見で孫社長が明言したように、これは、携帯電話国内首位のNTTドコモと並ぶ水準である。

海外を含めた連結営業利益は、米国の携帯電話大手スプリント・ネクステルの買収に関連する一時的な費用を含めて7000億円程度が最低ラインになるとした。これはスプリントが完全子会社化を発表している、高速通信のWiMAX事業者「クリヤワイヤ」(現在、他社からも買収の提案を受けている)の業績も加味した数値だという。さらに、14年度には海外を含めても最高益を更新できるとしている。

第3四半期は利益2ケタ増

孫社長が強気な見通しを示すのは、足元の業績が好調に推移しているからだ。同日発表した、12年4~12月決算は、売上高が前年同期比4.7%増の2兆5097億円、営業利益は同12.6%増の6001億円、経常利益は19.3%増の5294億円と増収増益だった。

一方、純利益は同5・9%減の2353億円と後退した。これは米国ヤフーの株売却益など、前期に巨額の特別利益を計上していたためだ。孫社長は通期の営業利益について、「7000億円は確実に上回るだろう」と説明した。

次ページドコモ、KDDIとの差は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。