韓国に「朝鮮族との融合」という覚悟はあるか

今や食堂や介護現場で必要不可欠な存在に

朝鮮族が多く住む町として知られる大林洞は、朝鮮族を対象とした店が軒を並べている(筆者撮影)

ハングルばかりのソウルで漢字の看板が圧倒的な存在感を放つ。通りには、中国独特の香辛料の匂いが立ちこめ、屋台では中国の揚げ菓子が重なるように並んでいる。なにやら話し込んでいる店の人も客も、そして往来する人々も、その間から聞こえてくるのは中国語ばかりだ。ソウルの中心部から電車でおよそ25分。地下鉄の大林(テリム)駅12番出口を出ると、異国の風景が広がった。

「ここでは不動産以外のほとんどの店は朝鮮族が経営している、朝鮮族のための店だよ」(大林洞にある不動産屋社長)

ソウル市永登浦区大林洞は韓国系中国人の「朝鮮族」が多く住む町として知られ、ここにある小学校では生徒のうち2人に1人が朝鮮族の子女といわれるほどだ。町全体がまるで中国にいるかのような雰囲気で、観光化された韓国の他のチャイナタウンとは一線を画す。

韓国の在留外国人は全国で189万9519人(韓国法務部、出入局外国人政策本部『2015年度統計年報』)。その半分以上(95万5871人)を中国人が占め、うち朝鮮族は約63万人にも及ぶ。ソウル市にはその約20%(19万8773人)の中国人が住み、その中の70%近くが朝鮮族(約14万人)だ(同)。

コリアンドリームのきっかけはソウル五輪

朝鮮族とは日本の植民支配から逃れて満州に移り住んだり、また、朝鮮戦争時に中国に渡った人たちを祖先とする人々といわれ、主に中国東北部に居住する。日本でもその名を知られる詩人、尹東柱(ユン・ドンジュ)も中国東北部にある吉林省の出身だ。

韓国と中国が国交を樹立したのは1992年。それ以降、朝鮮族も親戚訪問という形で韓国に渡ってくる人が増えたが、コリアンドリームの”幻想”はその前1988年のソウルオリンピックから広まったと中国同胞連合中央会の金成鶴(キム・ソンハク)総会長は言う。

「88年のソウルオリンピック時には少数の中国人が招かれました。彼らは中国に戻った後、韓国の発展ぶりについてメディアでいろいろ話をして、その頃から私たち朝鮮族の間では祖国、韓国は進んだ国、富の国というイメージが広まったのです」

次ページ介護現場で不可欠な存在に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。