「あなたに代わって駐車します」、中国企業が新型ロボット開発

「あなたに代わって駐車します」

 7月5日、中国深センの会社が、車の下に入り込んで車体を持ち上げて移動し、縦列駐車を行うロボットを開発したことが分かった。写真は6月、深センの研究開発センターで撮影された「駐車ロボット」(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[深セン(中国) 5日 ロイター] - 中国深センの会社が、車の下に入り込んで車体を持ち上げて移動し、縦列駐車を行うロボットを開発した。価格は100万元(約1500万円)超で、近く実用化の予定という。

ロボットは「Geta」と名付けられ、地図が入力されたコンピューターに信号を送りながらレーザーの誘導を受け、小さなスペースでも見つけて駐車することができる。

同社によると、ロボットは360度の移動が可能で、レールなどは不要。駐車時間はわずか2分という。

同社のマーコ・ウー最高経営責任者(CEO)は「当社の製品に対し、シンガポールとロンドンの商業用物件会社や、中国と中東の公共駐車場、不動産開発業者や政府など、多方面から関心が示されている」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。