ペッパーがベルギーの病院で採用されたワケ

「ナイスなロボット」のポテンシャル

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

ベルギー・オステンドにあるAZダミアン病院に受付係として雇われた人型ロボットのペッパーは、この病院で最も新入りだ。

「私の名前はペッパーです。何かお手伝いできることはありますか?」

ペッパーが採用された理由は明快だ。19カ国語を話せ、病院内の地理にも明るく、入院患者への接し方も完璧だからだ。

医療向けの機能強化を担当したベルギー企業ゾラ・ボッツのファブリス・ゴフィン共同CEO(最高経営責任者)は、身長が約120センチのペッパーは「革のジャケットをまとったアーノルド・シュワルツネッガーのようなロボットとは違う」と説明。この「ナイスなロボット」に対する反応は、今のところ、なかなかだと述べている。

安心感を与えて患者を笑顔に

ペッパーは1回の充電で20時間連続の稼働が可能。歩調は時速3キロとゆっくりしているが、相手次第ではさらに緩めることができる。

ペッパーは最初の1週間、産科病棟で勤務した。母親の一人は「ロボットであれば、安心できる人もいるかもしれない」「うちの子は気兼ねせずにペッパーに手をのせていた。赤ちゃんを怖がらせなかったのは、とても大切なことだ」などと感想を語った。

この病院ではペッパーによる応対が、新たな体験につながるかもしれない。患者を笑顔にすることも、その一つだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?