ソフトバンクはグーグルの軍門に下ったのか

ペッパーがアンドロイドに対応、その真意は

ロボットの普及は孫社長の夢。グーグルとどう向き合っていくのだろうか(撮影:梅谷秀司)

ソフトバンクグループ(以下ソフトバンク)は米検索大手グーグルの軍門に下ったのか。

人型ロボット「Pepper(ペッパー)」が、米グーグルのOS(基本ソフト)アンドロイドで開発が可能になる。ソフトバンクのロボット開発子会社・ソフトバンクロボティクス(以下ロボティクス)は、開発者向けに5月19日からアンドロイドによる開発キットの配布を開始した。7月には開発者向けのアンドロイド対応ペッパーを先行発売し、来年3月末までに一般販売する予定だ。

これまで、ペッパー向けのアプリ開発は「NAOqi(ナオッキー)」というOSを用い、開発用のソフトウェア「Choregraphe(コレグラフ)」をダウンロードする必要があった。アンドロイドでアプリを開発する開発者はコレグラフの100倍と言われる。数千人だった開発者が、一気に数十万人規模に拡大するわけだ。これまでの開発者も、コレグラフからアンドロイドにプラグインして開発できる。

「ヒロシがいい、ちょうど日本に来る」

事の発端は昨年10月上旬だった。ロボティクスの冨澤社長が、孫正義社長の後継候補、ニケシュ・アローラ副社長に「(アンドロイドについて)グーグルの誰と話をしたらいい?」と聞くと、「ヒロシがいい。ちょうど日本に来る」と助言した。

「ヒロシ」とは、米グーグルのヒロシ・ロックハイマー氏のこと。アンドロイド担当の上級副社長で、グーグルが開発したスマホ「Nexus(ネクサス)」の最新機種「5X」「6P」発表のために来日予定だった。

ペッパーはさまざまな場面で働いている。写真は期間限定でオープンしたペッパーだらけのケータイショップ(撮影:尾形文繁)

日本人の母親を持つヒロシ氏は東京・港区の麻布十番育ちである。「10月5日にペッパーを見せると、『これはいいね。すごく未来を感じる、成長の余地を感じる』と言われた」(冨澤社長)。さっそく両社でチームを組み、ペッパーでアンドロイドを使う検討を進めた。その後は「何の障害もなく」(冨澤社長)今回の発表にこぎつけたという。

しかし、グーグルは近年、精力的にロボットベンチャーを買収(日本企業も含む)し、2足、4足歩行ロボットから自動運転など、広範囲で開発を進めてきた。ペッパーはこうした機能重視のロボットと異なるが、将来のプラットフォームを形作る上で、グーグルは競争相手でもある。冨澤社長も以前、グーグルについて「どう考えても、いずれは競合になる」と語っていた。

庇を貸して母屋を取られるおそれはないのか。冨澤社長を直撃した。(次ページからインタビューを掲載)

次ページいつから考えていたのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。