上場会社 最年少・最年長トップランキング

トップの年齢差は62歳と「還暦」以上

最年少トップはリブセンスの村上太一氏

上場企業全社の最年少トップ、最年長トップは何歳か。東洋経済新報社が『役員四季報2013年版』調査をもとに全上場企業のトップの年齢を調べたところ(2012年8月末現在)、最年少はリブセンスの村上太一社長の25歳、最年長はタカトリの髙鳥王昌会長の87歳となった。最年長と最年少トップの年齢差は62歳と「還暦」以上の大きな開きがあった。

トップとは社長、頭取、代表執行役、代表取締役など各企業の代表者を指し、執行役員は調査対象から除いた。各表の順位は、同年齢の場合、誕生日が早い順としている。

また、トップの平均年齢は59歳、年齢層では60歳以上65歳未満が3人に1人ともっとも多かった。

最年少トップの村上太一社長(25)は、求人情報サイトを運営するリブセンスを創業。12年10月に史上最年少の25歳で東証1部に上場を果たして話題を集めた。2位は100円ショップ大手キャンドゥの城戸一弥社長(27)。3位は薄型テレビ用光学フィルターのフジプレアムの松本倫長社長(30)だ。2位、3位ともに創業社長を父にもつ2代目社長である。

次ページ最年長トップは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。