上場会社 在任期間の長い経営者ランキング

3社で半世紀を超す在任期間

サンリオは辻体制が続く

最も長く上場企業の代表者を務めているのは誰か。東洋経済新報社が『役員四季報2013年版』調査をもとに全上場企業トップの在任期間を調べたところ、建設仕上げ塗材で国内最大手であるエスケー化研の藤井實社長の在任期間が54.3年と最も長く、1位となった。2位は、「ハローキティ」などキャラクター商品の企画・販売を行うサンリオの辻信太郎社長で52.0年。3位は電子制御横編み機の世界最大手、島精機製作所の島正博社長で51.1年だ。

全上場企業の社長平均在任期間は7.1年で、4年未満がその半数を占めており、半世紀を超える在任期間はひときわ目をひく(2012年8月末現在。別表参照)。なお、トップとは、社長、頭取、代表執行役、代表取締役など各企業の代表者を指し、執行役員は調査対象から除いた。

次ページベスト3のトップ体制は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
花粉症・アレルギーに克つ

日本人の2人に1人が悩む大問題。アレルギー性鼻炎による経済損失は年間4.4兆円との試算も。花粉症の根治を目指す舌下免疫療法など治療の最前線を解説。完治は夢ではない。